いくつもの音のない川 soundless river

カラー64ページ A4
2013年11月発行
デザイン 坂本尚美
2800円
photobook  soundless river
64pages  A4
published in japan nov.2013
book design  naomi sakamoto
2800jpy

2011年の初め、私は東北を中心とした写真を一冊の本にまとめようとしていた。

 

いつも冬の気配は私の生まれ育った東北を思い起こさせる。寒さとあいまって何かに揺り動かされるように私の心を雪の降る町へ導き北へと向わせる。

 

私は東北を出発点に撮影の旅に出て最終地として古い家系をたどってロシアへと渡った。

旅が進むにつれ故郷とは記憶なのだと、遠い昔の人々とその大地は呼応し合いそして祖先から私たちへとつながり、私のどこかにもその断片が脈々と流れているのだと考えるようになった。

 

そしてあの地震が東北を襲い、私は再び故郷へと向うこととなった。

 

自然は脅威である。その力は私たちが無力な生き物であることを否応無しに思い出させた。

 

しかし残酷なその景色を前にどうしようもなさを感じながらもそれと同時に凪いだ海や咲く花といった自然の美しさに引きつけられる心のありように人の深遠さや切なさを感じたりもした。

                              

                                 2013年3月 

At the beginning of 2011, I was working on editing photos taken in Tohoku, the north east region in Japan, to make it into a book. 

 

Sign of winter is reminiscent of the Tohoku, where I grew up. Coupled with winter cold, my heart twinges and gravitates towards the snowy hometown in the North when I sense it.

Started at the Tohoku, I went on a journey for photographing, which, in the end, made me go over to Russia to trace my family’s old blood. 

As the journey went on, I’ve come to think that hometown is perhaps about memories, memories of people and the land, which fragments had inherited to us through ages slowly, silently.

 

Then the Earthquake hit the Tohoku region. I was brought back to my home town again. 

 

Nature is menacing. The overwhelmingness reminded me of how powerless we are in front of it. 

 

Feeling powerlessness before the devastating scenery, yet, I felt my heart tightened up seeing the nature, the sea become calm and flowers are about to bloom again – and we accept and appreciate all of these.

mar.2013

© 2020 by fujita haruka      all rights reserved