ブックデザイン:田中義久
翻訳:増田知香
定価:4,200円(税別)
判型:A4判変形(280 x 210 mm)
ソフトカバー/96ページ(カラー図版29点)
テキスト:日英
発行日:2015年11月

発行 HeHe   http://hehepress.com

Book Design: Yoshihisa Tanaka
English Translation: Chika Masuda
Price: 4,200 yen (excl. VAT)
Size: 280 x 210 mm / 96 pages (with 29 color pictures) / Soft Cover
Text: Japanese/ English
ISBN978-4-908062-13-1 C0072
November, 2015

Published by HeHe   http://hehepress.com

購入はこちらから shop 

http://hehepress.com/winter/

雪は降り続ける。

まるで全てを覆い尽くしてしまおうとしているかのようだ。

閉じ込められた静けさと張りつめた空気の中にいると、一瞬ここがどこだったかを思い出せなくなる。

冬の景色はどこも等しく同じようで、匿名性を帯びる。

木を見上げる。その存在だけが今のところ目印だ。

 

主張ばかりの喧噪であふれた無限の世界の閉鎖感から逃げ出て、閉ざされた世界の広がりを感じる。

わかりやすさの影に隠れて見えない物事は見えているものよりもきっと大きく、わたしにとって大切なことの多くは、例えば文章の行間のように、ささやかなはざまに存在する。

 

薄闇がせまる研ぎすまされた空白のなかで私の想像は膨らむ。

 

冷たい足元の下に固く埋もれている土の奥にあるもの。

幾層にも重なり合って眠っている何万年もの歴史の残骸や、確かで不確かなエネルギーのうごめき。

はるか昔までさかのぼり、たぶんどこかで自分たちに繋がっているであろう、今は亡き見知らぬ人々に思いを巡らせる。

凍った大地の割れ目からその片鱗が見え隠れする。水面が動き出す。

死への過程なのか判断がつかないくらい密やかな生命の断片が、小さなうねりとなり息をひそめて春を待つ。

 

冬の中に1人立つ。たぶん私がここにいる事を誰も知らない。

そしてそのことはひどく私を安心させる。

どこにもたどりつかないというどうしようもなさが、もうどこにも行かなくても良いということなんだと錯覚する感じに似ている。

 

 

遠くからいつか聞いた鈴の音に似た音が微かに聞こえてくる。

私はそっと耳を澄ます。

 

 

 

Snow continues to fall, as if it’s going to cover and hide everything. 

Standing quiet and tense in the snowbound place, it makes me wonder where I am.

Winter blurs scenery and makes everything looks just the same and anonymous.

I look up trees. They are the only guideposts here.

 

Escaped from a world full of demanding noises, I feel rather released being in such a closed space. 

Things are always disguised in simplicity. What we can see is far smaller than what it actually is. Important things to me are hidden in small spaces like in between the lines.

 

My imagination grows in the dark, in the sharp and white space.

 

Things under my cold feet, in the depths of the spoils; 

Layered remnants buried for tens of thousands of years; 

And certain but uncertain energy roaring and squirming.

These made me think of bonds of people who used to live this place in the dim and distant past.

The history sometimes shows itself from the fissure of the frozen earth. Surface of water starts to move.

Either a way to death or a fragment of life, things are silently waiting spring to come.

 

I stand alone in a winter. Nobody knows that I am here.

This makes me feel deeply secured, like feeling devastated that I can’t go any further at the same time feeling relieved knowing that I don’t have to go any further.

 

A faint but familiar sound like a bell seems ringing far in the distance. 

I strain my ears to the sound.

​nov.2015

© 2020 by fujita haruka      all rights reserved