jun. 2013 tokyo

 

12時を過ぎ水絵ちゃんの誕生日。クチナシは麻薬みたいで皆が何度もまわして香りをかいでいた。何かを思い出しそうになるけれど思い出せない。こうしていつのまにか忘れてしまった事すら忘れて、葬り去られてしまった記憶がどれだけあるんだろう。

 

jun.2013 iwaki onahama



UDOK.の夜景ツアー。写真を撮る時はいつもひとりだからこんな風にたくさんの人と撮影するのは新鮮。

jun.2013 iwaki onahama



夕闇で見る緑は生命力がより濃い感じがする。新緑すらもなまめかしい。

jun.2013 iwaki onahama



jun.2013 iwaki onahama

 

jun. 2013 iwaki onahama

 

 



jun.2013 iwaki onahama

人工物の美しさ。こういった工場が自然豊かな田舎に多くあるという矛盾。

jun.2013 iwaki onahama

 

最後はソープ街を歩く。客引きのおじさんと話し込んでたらいつのまにか誰もいなかった。価格協定がある事、今日は大盛況だと言う。なんで隣の空き地の写真撮ってたの?と聞かれたり、お互い相槌が打ち辛い会話。

 

 



 

jun.2013 iwaki onahama



 

 

jun.2013 tokyo

 

久しぶりにりんこさんに会う。別れがたくて次の日の夕方までいる。新居の光のなかでの朝食と、事務所の青いテーブルに新しいりんこさんをかいま見る。

© 2020 by fujita haruka      all rights reserved