oct.2015 sapporo


札幌のひんやりした秋の空気は執拗に記憶の壁をこつこつとたたく。

思春期のどうしようもなく厄介だった頃の。

何にでも心が揺れていた柔らかで残酷な。


© 2020 by fujita haruka      all rights reserved