oct.2015 sapporo

札幌のひんやりした秋の空気は執拗に記憶の壁をこつこつとたたく。 思春期のどうしようもなく厄介だった頃の。 何にでも心が揺れていた柔らかで残酷な。

sep.2015 tokyo

YKGギャラリーで展示作品の打ち合わせ。 菊竹さんのセレクトが結構ストイック。

sep.2015 tokyo

*新宿伊勢丹とコラボレーションでスカーフを作る。 額装した写真も含めディスプレイもかっこ良く仕上がっていた。 1枚は祖父の亡くなった日の夜にやりきれなくて実家の近所を散歩してた時に撮影したもの。 もう一枚は震災の影響で解体することになった 実家の古い窓ガラスを、ガラス作家の銀河さんが綺麗に切り出してくれたのを撮影したもの。 奇しくも両方が仙台の写真になった。ある種の物語性があるかないかなんだろう。 *久しぶりにりこちゃん、あけみちゃんとご飯。 あけみちゃんから電話をもらった時にやけにくっきりとロンドンを思い出す。声だけだからだろうか。 そういえば3人とも近所でとても治安の悪い所に住んでたな。

sep.2015 tokyo

*集中豪雨で警告が出る。少し下の方では橋が冠水しているのをニュースでやっていたので土手にあがり様子を伺う。まだ大丈夫そうだけど、最低限のネガやプリントを高い所に避難させる。 *HADEN BOOKSでスライドショー&トーク 改めてネパールの歴史や現在の政治的な状況を考える。ざっと地図を見ただけでもその不穏な立ち位置をさっすることができる。それでもネパールの人々はいたって穏やかで、いつもなぜなんだろうと不思議に思う。 *りんこさん 亮さん ぼりちゃん さくら とマーヤさんの人形劇を見に行く。 小さな舞台に凝縮された世界。枠の外側にあるものの想像をかき立てられる。

sep.2015 tokyo

いっちゃん ぼりちゃん さくら 川内邸 anatに会いに水絵ちゃんと中野へ 変わっていないようで大きく変化している日々と人々

aug.2015 tokyo

あみちん りんこさんとHADEN BOOKSの設営 a piece for Nepal展 9月1日から11日まで

aug.2015 sapporo

*ぶらぶら散歩しながら澄川駅へ。アーティストレジデンスで北海道に来ているえいこちゃんと夜ご飯。 ロンドン、東京、札幌と不思議な縁。 *次の日は丹治さんと。エゾシカの革でものをつくる丹治さんの友人も一緒に。 北海道のクラフト作家さん達の話が興味深い。 やはり北海道は地方というより独立した1つの国のようだ。

aug.2015 sapporo

窓の外に広がる冬の景色はどんなだろうかと静かな夏の日に思う

aug.2015 sapporo

やけにしっくりくる札幌の夜の散歩道

aug.2015 tokyo

恒例の花火 あと何回見る事ができるんだろう。 今年は誕生したばかりの赤ちゃんがふたり。子供のいる空間はやはりいいなぁ。 年々親戚の家みたいになってきている。 来年はきっともっと賑やかだ。

aug.2015 tokyo

久しぶりにワニヲさんに会いに水天宮へ。壮絶な双子ちゃんの子育てを垣間みる。 ネパールのチャリティ写真展の打ち合わせでHADEN BOOKSへ。

aug.2015 iwaki

命日 お盆 消えない水たまりに降る雨のあぶく

recent 

archive

© 2020 by fujita haruka      all rights reserved