apr.2016 tokyo

前日の夜にちょっと出血があったけれど、病院に電話したら内診後なので よくあるという。 朝になっても具合が悪いので救急で診てもらう。3人の先生にまだまだ出産は先、と言われて帰宅したけれどすぐにお腹が痛くなる。でも前駆陣痛って言われたしな、予定日も随分先だしと我慢してたらなんと本陣痛だった。 痛みが激しすぎて全く身動きができなく、トイレで 産んでしまう人ってこんなんだろうなと一人ベットで叫びながら考える。 電話に出ないのを不審に思った夫が急遽帰って来てくれて病院に運んでもらう。車も激痛で座れないので立ち乗りで。すでに1分置きの陣痛で病院に着いたら無痛分娩の準備も間に合わなかった。 満月で低気圧だったからか、その日は22人も出産したらしい。 ただただ無事に生まれてきてくれて良かった。

apr.2016 tokyo

雨と強風の中、ヨッシー、りんこさんと自由が丘。 その後久美子ちゃんの家に。まさくんのレストランのような料理。 後ろ髪を引かれたけれど早々に帰宅。 お土産に久美子ちゃんの実家のたけのこを頂く。

apr.2016 tokyo

大掃除 草取り 衣替え 両親学級 坂本さん 小野坂さん

apr.2016 tokyo

りんこさんの家の窓のから花見。 なみさん、あっこちゃん、あみちん、東ちゃんと。

mar.2016 tokyo

近所にはたくさん農家があり野菜や花の無人販売所も結構ある。 初めはこんな都会の野菜ってどうなんだろうと思ったけれど、採れたて産直はやはり美味しい。

mar.2016 tokyo

ベビー服を洗濯。 小さいというのは無条件に可愛い。

mar.2016 tokyo

大木さんのクリスマスローズも満開。 確定申告 長島有里枝さんの写真展 NOMAの展示会 エドツワキさんの展示 こでさんに報告

mar.2016 tokyo

お腹が大きくなりすぎてもう靴を履くのも大変だし、むくみもひどい。いつも眠いし集中力が全くないから料理をしたりするとちょっとヒヤッとする。 病院の検診の後、ぼんやりしながら歩いて帰る。もう東京には春が来ていた。

mar.2016 ueda

白井さんの膨大な作品の数々。一気に見るとその変化の流れと、根底にあるものが浮き出てくる。 来年の上田市美術館の展示が楽しみ。 毎晩白井さんのご両親と夕食を共にさせて頂だく。しみじみ良い家族だなぁ。

mar.2016 way to ueda

上田の白井さんの所へ作品の撮影の付き添い 久しぶりの雪

mar.2016 tokyo

絵美と会ったあとババグーリへ水絵ちゃんと

mar.2016 tokyo

もう依頼の仕事は受けてないけれど、延び延びになった撮影が2件続く。 前回の時は妊娠していることを言ってなかったけれど、もう隠しようがないくらい大きなお腹で一様にみんな驚いていた。西ノ宮さんを筆頭にさっと三脚を持ってくれたりしてみんな優しい。 次の日は長丁場。もういつ体調が急変してもおかしくなので、何かあっても撮影を交代できるカメラマンにアシスタントをお願いした。 心配だったけれど、チームワークも良く仕上がりも綺麗で時間通りに終了。これであとは出産まで細々した仕事以外は撮影はお休み。

feb.2016 tokyo

books and modernへ丹治さんの展示を見に行く。 鳥バッグ、いつか欲しい。 二人で代々木上原の餃子。

feb.2016 tokyo

winterの打ち上げ。水絵ちゃん、菊竹さん、田中さん、りんちゃん、エドツワキさんと。 夜は体調がすぐれないことが多いのでもう滅多に夜間は外出しないので久しぶり。 アットホームなお店で穏やかな良いひと時だった。

feb.2016 tokyo

飯田橋のla kaguで久美子ちゃんのセレクトした本棚を見に。 大好きなアリステア.マクラウドと共にwinterも選んでくれていて嬉しい。 その後奈津江と久しぶりに会う。

recent 

archive

© 2020 by fujita haruka      all rights reserved